論文掲載

動物プランクトンによる有機炭素の深海への輸送に関する論文が、Frontiers in Marine Scienceに掲載されました。

T. Ikenoue et al., Neocalanus cristatus (Copepoda) From a Deep Sediment-Trap: Abundance and Implications for Ecological and Biogeochemical Studies. Front. Mar. Sci., 20 May 2022.

論文はこちら

2011年の白鳳丸航海で福島県の沖合にセジメントトラップを設置し、2年間にわたって観測した結果をまとめたもので、2014年に報告された沈降粒子の主要成分の分析結果に、新たに得られた動物プランクトンの種組成の解析結果を合わせて解析したものです。本研究により、沿岸―外洋の移行域である同海域において、海洋表層から水深1000m以深の深海へと隔離されるの有機炭素の約2割が、動物プランクトンの鉛直移動によるものであることがわかりました。この海域における炭素をはじめとした親生物性の元素の動態の理解を深めるうえで重要な知見と言えます。

Subarctic Pacific Intermediate Water: An Oceanic Highway for the Transport of Trace Metals in the North Pacific

GEOTRACES is an international collaboration project aiming to unravel the distributions of trace elements and their isotopes in the global ocean. As part of the GEOTRACES-Japan project, we carried out two surveys in the subarctic Pacific in 2012 and 2017. Here, we synthesize the outcomes of research completed so far associated with these surveys. Also, there is still a lot of work to be done in the subarctic Pacific! For example, we do not understand the processes that cause zinc-silicate decoupling in the region. The size fractionation of iron and its fate in the intermediate water also requires further study to elucidate the influence of organic matter on the transport of iron. We are also working to unravel the distributions of noble metals such as platinum and palladium. These metals are widely used in catalytic converters in vehicles and can be used as anthropogenic tracers in the ocean.

The full article can be assessed at https://doi.org/10.1002/lob.10490

 

大学院進学希望者のための進学ガイダンスのお知らせ

2022年5月29日(日)に、東京大学大気海洋研究所の進学ガイダンスが行われます。我々スタッフがzoomで進学のご相談を受け付けます。参加を希望の方は5月27日(金)までにお申し込みください。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。申し込みはこちら

***プログラム***

1. 13:00−13:15 挨拶、大気海洋研究所の紹介

2. 13:15−15:30 オンライン研究室訪問

・13:15−14:15 分野訪問(あちこち見物タイム)*各研究室を自由に出入りする時間
・14:15−15:30 分野訪問(じっくり相談タイム)*教員と研究や進学についてじっくり話す時間

*各研究部門・センターと関連教員の活動紹介は、参加希望者に動画のリンクをお送りします。

 

論文紹介

漢那助教、小畑教授が共著の論文がBulletin of Glaciological Researchに掲載されました。冬季の北海道サロマ湖の海氷上で観測した成果がまとめられています。

詳細はこちら

研究紹介

漢那助教らの研究論文がGlobal Biogeochemical Cycles誌の「top cited article 2020-2021」に選ばれました。グリーンランド氷河からフィヨルドへの鉄供給に関する論文です。

対象論文はこちら

大気海洋科学スプリング・インターンシップのお知らせ

3月30日(水)に、東京大学大気海洋研究所のスプリング・インターンシップが開催されます(募集は終了しました)。

スプリング・インターンシップの募集は終了しましたが、5月末には進学ガイダンスが予定されています。大気海洋研究所への大学院進学を検討されている方は、ぜひご応募ください。研究室見学は随時受け付けています。見学を希望される方はお気軽にご連絡ください。

進学ガイダンスの詳細はこちら

KH-22-4観測航海の報告

2月20日から3月3日にかけて、白鳳丸を用いた観測航海が行われました。オミクロン株が猛威を振るう中、自主隔離、pcr検査など、必要な感染予防対策を講じて、航海が行われています。

本航海の主な目的は、リニューアルした白鳳丸の性能を最大限に活用するために、新装された観測機器の性能確認や、観測作業を習熟することです。乗船研究者29名が、採水、懸濁粒子の採取、乱流計などセンサーを用いた物理観測、ニューストンネットを用いたプランクトン、マイクロプラスチックの採取などを行い、作業手順を確認しました。

大量採水器を使った採水。およそ1トンの海水が1度に採水できます。

簡易テントの中にクリーンなエアーを流し、採水器から海水を分取する。分取した海水中の微量金属元素を分析する。

CTD Tow-yo観測の様子。フレームに複数の測器を取り付けて、船を走らせながら海中で測器を上げ下げする。