論文掲載

動物プランクトンによる有機炭素の深海への輸送に関する論文が、Frontiers in Marine Scienceに掲載されました。

T. Ikenoue et al., Neocalanus cristatus (Copepoda) From a Deep Sediment-Trap: Abundance and Implications for Ecological and Biogeochemical Studies. Front. Mar. Sci., 20 May 2022.

論文はこちら

2011年の白鳳丸航海で福島県の沖合にセジメントトラップを設置し、2年間にわたって観測した結果をまとめたもので、2014年に報告された沈降粒子の主要成分の分析結果に、新たに得られた動物プランクトンの種組成の解析結果を合わせて解析したものです。本研究により、沿岸―外洋の移行域である同海域において、海洋表層から水深1000m以深の深海へと隔離されるの有機炭素の約2割が、動物プランクトンの鉛直移動によるものであることがわかりました。この海域における炭素をはじめとした親生物性の元素の動態の理解を深めるうえで重要な知見と言えます。

論文紹介

漢那助教、小畑教授が共著の論文がBulletin of Glaciological Researchに掲載されました。冬季の北海道サロマ湖の海氷上で観測した成果がまとめられています。

詳細はこちら

研究紹介

漢那助教らの研究論文がGlobal Biogeochemical Cycles誌の「top cited article 2020-2021」に選ばれました。グリーンランド氷河からフィヨルドへの鉄供給に関する論文です。

対象論文はこちら

新青丸による福島沖調査 2021

10月7日から10月17日にかけて、新青丸KS-21-23次航海「福島周辺の海底及び海底境界層における放射性核種の動態と生物利用性」が実施されました。海洋無機化学分野からは乙坂准教授が参加しました。
2011年に発生した福島第一原発事故によって福島周辺海域に沈着した放射性核種の動態を追跡するために継続的に実施している航海で、新青丸の福島沖航海としては1年ぶりの実施となります。航海では、CTD-CMSを用いた海水試料、マルチプルコアラ―を用いた堆積物採取、各種プランクトンネットや生物ドレッジを用いた生物試料の採取などを行い、持ち帰った試料の分析結果から、各相における放射性核種の動態が詳細に議論されます。
福島周辺海域では、原発事故で発生した処理水の海洋放出が計画されており、多くの関心を集めています。この航海は、放出前の総合的なバックグラウンド調査のための貴重な機会でもあります。

処理水の放出については、下記の記事にも乙坂准教授のコメントが掲載されています。いろいろな意見がありますが、いずれにしても継続して調査することが重要です。

(Nature)
https://www.nature.com/articles/d41586-021-01225-2
(Science)
https://www.science.org/content/article/japan-plans-release-fukushima-s-contaminated-water-ocean

(The Lancet Oncology)

https://www.thelancet.com/journals/lanonc/article/PIIS1470-2045(22)00206-6/fulltext


CTD-CMSシステムによる観測の様子。奥に福島第一原発が見えます。

論文掲載

乙坂准教授が共著の論文が、Journal of Environmental Radioactivity誌に掲載されました。

沿岸海域での放射性核種の動きを精度よく再現するモデルの開発に関する論文です。これまでの多くの観測結果も検証に活用されています。

(論文情報)Kamidaira, Y., Y. Uchiyama, H. Kawamura, T. Kobayashi S. Otosaka: A modeling study on the oceanic dispersion and sedimentation of radionuclides off the coast of Fukushima. Journal of Environmental Radioactivity. 238-239, 106724.  DOI: 10.1016/j.jenvrad.2021.106724

研究紹介

漢那助教らの研究がAGUの機関紙で紹介されています。グリーンランドの氷河での観測活動が懐かしいです。

詳細はこちら

Our new research paper about trace metals studies in Ariake Sea, Japan, has been published at Estuarine, Coast and Shelf Sciences Journal.

博士課程3年のIdhaさんが主著の論文が、Estuarine, Coast and Shelf Sciences誌に掲載されました。有明海を対象に、微量元素(鉄、マンガン、銅、コバルト)の供給と除去過程を詳細に解析しました。おめでとうございます!

This paper discussed the variabilities of trace metals (dissolved Fe, Mn, Cu, and Co) in a semi-enclosed Bay (Ariake Sea) that reflects the combined effect of water circulation and geochemically driven cycles in shaping the distribution of those metals.

Figure 1. Map of Ariake Sea surrounding Kyushu Island, Japan. Orange dots represent sampling stations from the 2018 cruise in Ariake Sea and surrounding rivers. Green triangles represent the sampling stations from the 2015 cruise in Ariake Sea. Blue dots represent sampling stations in the East China Sea that were taken in 2019.

In the complex and high dynamic system of a coastal area like the Ariake Sea those trace metals behave differentially. While dissolved Fe and Mn (hereafter denoted as d-Fe and d-Mn, respectively) were removed during estuarine mixing, dissolved Cu (d-Cu) showed additional input via intra-estuarine processes. We proposed that sedimentary fluxes supplied more d-Cu than other possible sources such as photodissolution of suspended particulate matter, groundwater discharge, and atmospheric deposition. On the other hand, the balance between input and removal of d-Co leads to its conservative pattern.

Fig. 2 Relationship between salinity and [NO3-], [NO2-], [NH4+], DIN, [PO43-], [Si(OH)4], d-Fe, d-Mn, d-Cu, and d-Co from the 2018 cruise. The color dots and dashed lines represented the sampling station and the mixing line, respectively. For d-Fe and d-Mn, the insets showed all samples, while the larger graph provided expanded views for clarity.
Please find the article through this link:

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0272771421003279

 

-IYI-

実験のようす

水中の放射性炭素(14C)を測定するための実験をしています。

北海道サロマベツ川のサンプルです。凍ったサロマベツ川にドリルで穴を開けて、川の水を取りました。

複雑な手順にも関わらず、手際よく実験をしています。さすがです。

冬の北海道サロマベツ川にて

論文掲載

漢那助教が共著の論文が、Nature Communications誌に掲載されました。グリーンランドのフィヨルドに設置した海底地震計から、氷河の崩落(カービング)やスライディングなど、「氷河の動き」を詳細に解析しました。

詳細は以下からご覧になれます。

English ver.

日本語版

論文掲載

乙坂准教授が共著の論文が、Marine Pollution Bulletin誌に掲載されました。
この論文では、沿岸域に生息するムラサキイガイ (Mytilus galloprovincialis) が、沿岸域の海水中懸濁態の放射性セシウム濃度を感度よ く記録していることを検証しました。

Spatiotemporal change of cesium-137 in the Pacific coast of Tohoku, Japan: The mussel watch approach
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0025326X21004471?via%3Dihub

(2021年7月13日まで、下記よりどなたでもご覧いただけます)
https://authors.elsevier.com/c/1d7EF,ash~Qwt