本文へスキップ

 

修士・博士論文

2015

鹿児島渉悟(博士)Geochemical cycles of volatile elements in surface environment of the Earth(地球表層における揮発性元素の物質循環)

雨宮柚衣(修士)シンカイヒバリガイを用いた海洋環境復元

木下尚也(修士)プレート境界域におけるメタン系ガスの起源およびフラックス

2013

大城光洋(修士)沈み込み帯の海底熱水活動における揮発性元素の起源とフラックス

小池みずほ(修士)Hydrous history of Mars: Insight from U-Pb chronology
and hydrogen isotopic ratios of Martian meteorites

2012

鹿児島渉悟(修士)中央海嶺からの硫黄・フッ素・塩素のフラックスの推定

原 隆弘(修士)

2011

太田祥宏(修士)火星隕石中のリン酸塩の水素同位体比と元素濃度の分布

2009

亀田綾乃(修士)3Heをトレーサーとした海洋深層循環の研究

高田美緒(修士)NanoSIMSを用いた炭素質コンドライト隕石のAl-Mg年代測定

豊島考作(修士)生物起源アパタイトを用いた局所87Sr/86Sr分析法の確立と顕生代の古環境復元の試み

2008

古川由紀子(修士)大気中ヘリウム同位体比の変動

2007

白井厚太朗(博士)Elemental fractionation in biogenic calcium

小林沙由美(修士)NanoSIMSを用いたシャコガイ殻の高解像度分析

徳竹大地(修士)希ガスをトレーサーとした海洋循環の研究

2006

織田志保(修士)サンゴ骨格中の微量金属元素の測定と手法の評価

2005

内田麻美(修士)段階加熱法によるサンゴ骨格中の窒素・炭素・酸素同位体組成

国岡大輔(修士)The distribution of Mg/Ca. Sr/Ca. Ba/Ca ratios in Pulleniatina obliquiloculata test by using a Nano-SIMS: Implication for the vital effect

2004

西澤 学(博士)Geochemistry of Archean surface environment

井上由美子(修士)Ion microprobe analysis of Rb and Sr isotopes in K-rich minerals: An attempt of radiometric dating

2003

白井厚太朗(修士)Deep-sea coral geochemistry: potential proxy for paleoclimate reconstruction

バナースペース

海洋化学部門
大気海洋分析化学分野

〒277-8564
千葉県柏市柏の葉5-1-5

TEL 04-7136-6100
FAX 04-7136-6067